2019年も八ヶ岳キレット通過③ 通過編

この日はホントに良い天気。
小屋の前から、いろいろな方向が見えるんです。DSCF6862_R.JPGDSCF6861_R.JPG

まず、山頂まで行って写真撮影。_DSC3163_R_R.JPG
そして、手乗り富士山。_DSC3165_R_R.JPG

振り返るとこんな景色です。DSCF6879_R.JPG

正面、八ヶ岳がどどーん!DSCF6881_R.JPG

権現岳から進んでいくと、いきなりこのルートの核心の梯子に到着です。DSCF6887_R.JPG長い梯子ですが、梯子が無かった頃は、もっともっと時間がかかったとどこかで読んだ気がします。
こんな梯子は、しっかり捕まって降りれば、安心ですね。P9155941_R.JPGこれ、見返したところ。結構長い梯子です。

ここからキレット小屋までは、アップダウンがありながらの下り道になります。DSCF6899_R.JPG南八ヶ岳の主峰が見えてますね。

ふと、左の方を見てみると、ダムのような山が削れた部分が目に入るんです。P9155942_R.JPG青なぎって場所らしいです。どうやらバリエーションルートですが、登山道はあるようですね。

良い天気です。こういった山歩きは、ホントに気持ち良いですね。_DSC3171_R.JPG

山頂から歩くこと一時間半、キレット小屋に到着です。DSCF6911_R.JPGココで少し休憩。
雰囲気は良い山小屋ですが、景色はイマイチなので、ちょっと泊まらないかな。でも、権現小屋よりは泊まっても良いかもね。
ところで、赤岳の稜線には、槍ヶ岳みたいな山があるんですね。

ここからは、アップダウンが有りながらの登りになります。DSCF6913_R.JPG
そして、赤岳に近づくにつれて、岩場の連続になるのでした。70045415_376490363239053_3391468191677939712_n(1)_R.jpgよじ登っている緑のザックは僕でした。

ふと振り返ると、随分登ってきたのが分かります。DSCF6923_R.JPG
そして、正面奥には赤岳の山頂が見えてきました。DSCF6925_R.JPG
でも、ここからが少しまだあるんですよね。そして、山頂付近も結構な岩場なのです。

ふう、山頂到着です。_DSC3193_R.JPG
とりあえず、お約束。_DSC3190_rev_R.JPG赤岳の山頂での写真は何枚もあるんですけどね。

ここでちょうど11時半頃、ちょっと早いけど、お昼ご飯にしました。
食べ物も持って行っているんですが、バーナーを炊くのはめんどくさかったので、山小屋でお昼ご飯を頂きました。DSCF6927_R.JPG

お腹もふくれたところで下山です。DSCF6929_R.JPG
ここで、少し道を間違えまして、すぐにリカバリー。
下山は、地蔵尾根を降りることにしました。P9150484 (1)_R.JPG

で、冷静に考えると、結構時間が無いんです。
ここからは、ひたすら、下山、下山、下山で、行者小屋到着。頑張って下山しすぎたのか、行者小屋では予定以上に休憩してしまいました。_DSC3194_R.JPG

さて、行者小屋からもひたすらの下山、下山、ガシガシ下ります。結局、美濃戸には4時前の到着になってしまいました。DSCF6936_R.JPG

さて、ここで一息ですが、まだ美濃戸口までの歩きがあります。ゆったりな下りですが、僕の車が最低地上高がもう少し高かったら、ここまで車で来たんですけどね。
とはいうものの、美濃戸口にも無事到着、無事に下山できたのでした。

美濃戸口からは、U号で樅の湯でお風呂です。ここ、いい湯なんですよね。
お風呂を上がったら、もう一回僕の車を止めた観音平まで行って、Uさんとお別れ。僕とCさんは一緒に帰路についたのでありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント