スキー試乗メモ 2015-2016年モデル…だけじゃないけどね。

僕のブログ、アクセスカウントが多いのはスキーの試乗ネタ。
そろそろ、カスタムフェアとか始まってしまったので、早く書いてしまわないと意味が無くなってしまうので、途中の記事をすっ飛ばして、試乗ネタを書いてしまいましょう。今年はあまりニューモデルに興味が無くなってしまったので、試乗したのは一台のみでございます。
ちなみに、スキーヤーのレベルはこんな感じ。この記事の動画を参考にして下され。

【ATOMIC REDSTER XTi 169cm】
画像

画像

場所:奥志賀高原
コンディション:GWですが、朝イチの硬いバーンと緩んだボッコボッコのコブ斜面。
画像

画像
こんな感じです。
なお、僕が普段履いている板がノルディカのFire Aroow 74EDTって板なので、無意識にその板との比較になってしまいます。

ATOMICにはダブルデッキのシリーズと、ARCビンディングのシリーズがありましたが、これはどちらでもありません。ビンディングもサロモンビンディングで、トップからテールまでのサンドイッチ構造です。
去年も印象の良かったREDSTER XTって板がありましたが、それの後継(DOUBLE DECK 3.0XT)とは異なる板のようです。

さて、朝イチの硬いバーンで履いてみますと、凄く好印象。
適度にズレるんですが、返りとか走りとかかなりの気持ちよさ。去年試乗したノルディカのSpitfire EDTと少し似ている感じです。それよりも、切れて走る感じが若干少ない分だけ扱いやすいかな。とはいえ安定感は文句なしです。
この試乗は、スキーのレッスンで履いていたのですが、扱いやすさが功を奏して、コブでは凄く滑りやすいです。扱いやすくても、トップがふらふらすると辛いのですが、そんなことも一切無く、かなりの好印象。
でも、ATOMICのダブルデッキのシリーズに乗り慣れている人には、「ポン!」って帰ってくる感じが少なく感じるかもしれません。

そんなわけで、お気に入り度は4.5。
買っても良いです。でも、今年は多分買わないかな。来年辺り、型落ち購入候補かもしれません。

さて、おまけはビンディングです。

【Salomon Guardian WTR13】
ディアミールのヒールピースが割れてきたので、お買いあげしたビンディングです。
画像
このビンディング買う時に、インターネットでレポが無いので、賭でした。ホントはチロリアのアドレナリンが欲しかったんですけど、ヤフオクでかなり安かったので、ポチってしてしまいました。
<滑走性>
非常に良いです。普通のビンディングと変わりません。ディアミールでは、エッジが勝手に逃げていく感じがあったのですが、このビンディングは全く問題なし。
構造上、あまりコブとかには行きたくは無いですが、コブ問題なく行けちゃいます。
<ウォークモード切り替え>
ヒールピースの後をストックで押すことで、ウォークモードに切り替わります。
でも、少しコツが必要で、なかなか上手く出来ませんが、慣れると何とかなるかな?って感じです。
レポはココまで、実はまだ歩いてみたことが無いんです。
このビンディング、少し重いんですよね。それで逆に剛性があるのかもしれませんが、歩く時にちょっとデメリットになるのかも?
そのレポはまた来年でしょうか。