2014年モデルスキー試乗会行ってきたよ。

僕のブログで一番人気なのが試乗会の記事。
来シーズンはスキー板は欲しくないのですが、とりあえずおもしろいので恒例の野沢温泉に行ってきました。
雪質は新雪が降った後で、急に温度が上がって滑走性が落ちていく中の試乗でした。
でも、朝一はまあまあでした。午後は板が滑らないので試乗どころでありませんでした。
スキーヤーのレベルはこんな感じ。

まあ、去年からあまり進化していないようです。

【KEI-SKI GSX 178cm】
画像

画像
毎年調子良いKEI-SKIのGS板。ラディウスは22くらいみたいです。
まず、履いてすぐの印象は、「エッジが離れない。」って感じで、気を抜くと「おっとっと…」って転びそうになります。
でも、このエッジグリップの強さはポールではタイムが出そうです。
そのエッジグリップの強さも、足下を常に意識していれば大丈夫です。小回りもきれいに板がたわんで簡単に出来ちゃいます。
ポールも滑ってみましたが、エッジグリップの強さが僕には扱いきれない感じでしたが、でもこんな板の方が実際はタイムが出るのかもしれません。
このエッジグリップは、プレートによるものなのかもしれませんね。
お気に入り度は4.5
この板を使いこなせるようになると、技術向上も見込めるかもしれません。

【Nordica FireArrow 84 Pro Evo 168cm】
画像

画像
僕が今履いている板がNordicaのFireArrowの74EDTって板。
Fire Arrowシリーズの74ってのはセンター幅を表していて、試乗したこの板の84ってのもセンター幅です。
また、Proって名前が付いているのはTiが二層になっているんだと思います。
さらに、その上にはEDTって名前が付いているのがあるのですが、それはProのトップにカーボンのプレートが付いている奴。
EDTが付いている板、Nordicaのふれ込みでは「しなやかなフレックスを出しながら、トーションを強めている。」
ってことですが、実際はフレックスが硬くなっているように思います。
なので、くるくる良く回る板が多いNordicaにありながら、回りすぎない感じに思います。だから気今僕が履いている板が気に入ったんですけどね。
去年は84にEDTプレートが付いていたのがあったのですが、2014シーズンはラインナップされないのかなぁ…
ホントはその板を履きたかったのですが、無かったのでEDT無しのこの板を試乗。
で、印象ですが、KEI-SKIのGSの後だったので、エッジグリップの弱さを感じましたが、今の僕の板と似ているんでしょうね。違和感なく乗れちゃいます。
それほどくるくる回る感じでもないのもお気に入り。
って調べたら、ラディウスが17くらいだったようです。
普段履きの板で、たぶん買っても外れは無い板です。
お気に入り度は4
こんな板が良い相棒になりそうです。
でも、EDTプレート付きの176cm履きたかったなぁ。

【BLASTRACK BLAZER 176cm】
画像

画像
話題のBLASTRACK。
まあ、OGASAKAなんですが、「OGASAKA」って書いてあるだけで買いたくなくなる僕のような人向けでしょうか。ジャーナルでELIXIRの評判が良いので、履いてみたかったんです。
でも、ELIXIRは出払ってまして、今回借りたのはセンター98mmのオールマウンテンモデル。
新雪をかっ飛ぶ板はどれですか?って聞いたらこの板が出てきました。

で、この板はNGですな。
っていうか、だんだんと温度が上がってきて、ゲレンデの滑走性が極端に落ちてきたんです。
ファットだと、さらにゲレンデのコンディションの影響を受けてしまうようで、ぜんぜん滑らないし、板も安定しないし…
ってことで、お気に入り度は1
本来はパウダーで試乗すべきなんでしょうね。
このコンディションでも僕のCYCHOはもっと走るような気がします。
または、ワックスが悪かったのか?
あ、でもコブは滑りやすかったですよ。

【VOLKL RTM81 171cm】
画像

画像
超滑走性が悪かったBLASTRACKの後だったからか、滑走性が良かっただけでかなりの好印象。
フルロッカーって事でしたが、ロッカー独特の鈍い感じはせず、そうと言われなければロッカーと気づかない感じ。(ちなみに、ロッカー板は僕は嫌いです。)
フォルクルって、サンドイッチの板だとすごくしなやかな感じがするのですが、この板は昔のフォルクルの突っ張った感じが残っていますね。この乗り味が昔は苦手だったんですが、今は乗れるようになりました。
ずいぶんしっかりした板で、高速安定性も問題なし。
お気に入り度は3.5
キャンバーだったらもっと小回りとかが楽なんでしょうね。

【KEI-SKI ARXS 161cm】
画像

画像
KEI-SKIのスラ板も毎年調子良いので、探していましたら、今年は持ってきていないとの事。なので、この板を試乗です。
スペック的には、技術戦で使う小回り板って事ですが、ちょっと短いですね。
印象は…
ちょっと、ごめんなさい。
この板を試乗する頃には、すっかり気温が上がって、ホント雪が滑らないんです。
だから、良い板なのか、悪い板なのか、全く分かりません。
でも、昔のKEI-SKIのSLRのような凄い感じもしませんでした。
おきにいり度は一応3ですが、未評価としておきます。
あの滑走性の悪い雪では無理です。
でも、コブは調子良かったですよ。

【ELAN RACE GSX 176cm】
画像

画像
ELANのGS板も、ロッカーが入ったようです。(ひょっとして、去年から?ちょっと自信無しです。)でも、ELANのロッカーは内エッジはキャンバーで、外エッジはロッカーが入っているようです。(数年前からELANの基礎板はそうでしたよね。)
左右非対称ってのはちょっとどうかと思いますが、この考え方は僕は賛成です。ターンは外足で捉えるって思想。某団体の内足主導なんてくそくらえって主張のようです。
ゲレンデコンディションは最悪なので、ポールで滑走。
印象ですが、非常に良くできた板で、非の打ち所がありません。
よく走るし、良く曲がるし、安定してるし。
でも、なんなんだろ…
キラリと光る物がないんです。
去年もそんな事を書いたような気がします。
おきにいり度は3.5
買っても絶対間違いない板です。
多分、買うと良い相棒になるんだろうなぁ。

【BLIZZARD RACING WRC TITANIUM 182cm 】
この板は、写真を撮りわすれちゃいました。
余っていたので、この板を試乗です。って失礼ですね。
最初履いた時には、ずいぶんまっすぐ走るなぁって思ったのですが、すこし乗り慣れるとかなり扱いやすいんです。
で、ポールの中も滑ってみましたが、エランほど扱いやすい程でもなく、KEI-SKIのGSほどまっすぐ走っちゃう感じでもなく、ちょうど身の程に合った感じ。
で、なんとピッチの広いコブも滑ってみましたが、これが結構行けちゃうんですよ。
この板、良い板かもしれません。
176cmとかならオールラウンドで使えるかもしれません。
おきにいり度は4.5
GSモデルを買うなら、この板かKEI-SKIですね。

そんなわけで、試乗会のネタのその①は終了。
次は、多分ゴールデンウィークにスクールで何本か履くと思うので、その時にまた。

いやぁ、ブリのGS、良い感じだぁ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント