2012/13シーズンのスキー試乗レポ GS編 2

スキーの試乗レポですが、GSの板があまりにも多かったので、GS編を二回に分けてしまいました。
スキーヤーのレベルはこんな感じ
一回目のレポはこんな感じでした。
さて、続きを書いていきましょう。

VOLKL RACETIGER GS R WC rMotion Interface 177cm
画像

画像
試乗場所:菅平高原
バーン:雪が緩んだ午後。GSのセットとフリー滑走。

R23のGS板。でも、プレートが少し易しくなっているタイプだそうです。ホントは183cmが履きたかったのですが、無かったので177cmで我慢です。
VOLKLは良いですね。この板も、トップがどんどん入ってきて、凄く良く曲がる板です。
OGASAKAと違うのは、VOLKLは凄く切れが良いというか、刃物のような滑走フィーリングがあるんですよね。これ、フォルクル独特の感じです。
GSのセットでは、177cmとは思えない安定感。ただし、直前に乗ったOGASAKAの方が失敗しにくい感じもありました。
お気に入り度は4.5。
良い板ですね。ホント欲しくなっちゃいました。183cmだったらもっと良いのかもしれません。
無難にはOGASAKAの方が良いのでしょうが、VOLKL独特の切れ味は魅力です。乗りこなせたら、こっちの方がタイムが出そうな感じです。

SALOMON POWERLINE 2V 178cm
画像

画像
試乗場所:菅平高原
バーン:緩んだ雪が再度固まってきた感じ。GSのセットとフリー滑走。

まず履いてみて、「お、エッジが立ってる!」って思いました。ずれないんです。
チューンナップの問題か、板の特性かよく分かりません。
バーンのコンディションも少し難しくなってきたため、それほど自由自在に回せる感じはありませんでした。
でも、こんな扱いにくく感じた板でも、ポールのセットの中では、そんなに難しくはなく、結構良い印象。
でも、あんまりピンとは来ないのでした。
お気に入り度は3。
まあ、Salomon、良くできていますが、キラリと光るモノはありませんでした。

ATOMIC Redster D2 GS 179cm
スミマセン、写真撮り忘れました(^^ゞ
試乗場所:菅平高原
バーン:緩んだ雪が再度固まってきた感じ。GSのセット滑走。

さてみんなが褒めるATOMIC、試乗してみました。
で、まず履いたときの印象ですが、「重い…」ホントに重いんです。
まあ、滑走フィーリングは、実際の重さとはそれほど関係ないですけどね。

で、この板ですが、特に印象が残っていません。
まあ、可もなく、不可もなくって感じなんでしょう。
お気に入り度は3。
やっぱりATOMICにはときめかないようです。

HEAD W.C.REBELS iSPEED 180cm
画像

画像
試乗場所:菅平高原
バーン:雪が緩んだ雪が再度固まってきた感じ。GSのセットとフリー滑走。

毎年調子が良いHEADのiSpeed、ホントはGS rdを借りたかったのですが、ちょうど出はらっていたので、この板を借りてみました。
で、やっぱり調子良いですね。
ホントに自由自在で、フリー滑走でもなんの難しさも無いです。ホント楽しい板。
ポールに入っても、自由に滑れて楽しい感じ。
そんなわけで、お気に入り度は4.5。
HEADの板、なんだかやっぱり馴染むんです。でも、キラリとは光らないので、みそ汁のような安心感です。

HEAD W.C.REBELS iGS RD 188cm
画像
真ん中の板ですよ。
画像

試乗場所:菅平高原
バーン:緩んだ雪が再度固まってきた感じ。GSのセット滑走。

ちょうど試乗会終了直前、この板が試乗できたので、借りてきました。ホントは183cmくらいが良いんですけどね。
初のR27だったのでどうかな?って思ったのですが、これ良いですよ。ホントよく走るし、ポールのセット狙ったところにぴったり決まるし。
R27なのに良く曲がったのは、セットが掘れて来たからなのかもしれませんが、ホント操作性は良いです。
そんな感じで、おきにいり度は4.5
もちろん、フリーでは厳しいですが、こんな板がホントに乗りこなせれば、タイムが出そうに思います。

KEI-SKI GS R23 185cm
画像

画像
試乗場所:野沢温泉やまびこ
バーン:雪が緩んでボコボコの斜面。フリー滑走。

野沢の試乗会では、KEI-SKIのGS板が履きたかったので行ってきたようなもの。
で、R23とR21を履いてみました。
この板ですが、ホント凄い捉えが強く、板がどんどんエッジに乗って走ります。でも、ずらすように踏むとそれなりにずれる不思議な板。
しかしこの板、凄いですよ。切れはダントツです。ポールのセットで滑ってみたかったんですけどね。
おきにいり度は4.5。
マイナス0.5は、フリーでは全く扱えないこと。
山びこAで本気で滑ったら、急斜面の前で息がかなり切れちゃいました。

・KEI-SKI GS R21 180cm
画像

画像
試乗場所:野沢温泉やまびこ
バーン:雪が緩んでボコボコの斜面。フリー滑走。

さて、次はR21です。
この板ですが、R23との違いは、捉えの強さ。
ラディウスの違いというよりも、切れがすこし穏やかになった印象。
でも、KEIのGSは良いですね。ホントしなやかで、フリーでも使えそうな感じです。
R23よりも切れ味は穏やかに感じますが、それでも十分以上に捉えは良いです。
おきにいり度は、5に近い感じです。
山びこAで本気で滑ったら、R23に比べ、こっちの方がずいぶんリラックスで滑れました。

さぁ、GS試乗ネタ、以上で終了です。
気に入った板は

・KEI-SKI R21 180cm
 扱い易さ、切れ味のグッドバランス。

・HEAD W.C.REBELS iSPEED 180cm
 ダントツの扱い易さ。

・VOLKL RACETIGER GS R WC rMotion Interface 177cm
 この板も扱い易さ、切れ味のグッドバランス。

・KEI-SKI GS R23 185cm
 ダントツの切れ味、でも良く曲がりますよ。

・HEAD W.C.REBELS iGS RD 188cm
 扱い易いです。切れ味が感じませんが、無難に良い板です。

・OGASAKA TRIUN GS23+RC600GR 180cm
 これも、HEADと同じような印象。
 扱い易いです。切れ味が感じませんが、無難に良い板です。

自分で買うとなると…
KEI-SKIかHEADかVOLKLかって感じ。
でも、どうしようなぁ…
スキー仲間から貰ったNORDICAで慣れてみましょうかねぇ(^^ゞ

この記事へのコメント