びとくのここだけの話

アクセスカウンタ

zoom RSS Singles 中島みゆき

<<   作成日時 : 2017/07/26 22:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
さて、2015年に買った中島みゆきは前の十二単とこのSINGLESでした。そして、この記事が2015年に買ったアルバムの最後に記事になります。

僕の記憶の中に、ザ・ベストテンのヒットチャートに「りばいばる」って曲が入っていたのをかなり強烈に覚えておりまして、その曲が入っているのを探したらコレに入っていたのでした。三枚組のCD、AMAZONの中古を探すと、そこそこ値段で出ていたのでお買上げです。

三枚組はボリュームがあります。一枚目から三枚目に向かって、徐々に時代が遡る構成、最初が新しい曲というのはSingles4の十二単でも一緒です。そして、僕が聴きたかった「りばいばる」は三枚目の一曲目。

「りばいばる」聴けたのは良かったのですが、でも「ふ〜ん、こんな曲だったね。」って感じなのです。僕は初期の典型的ななイメージの中島みゆきはそれほど好きでは無いのかもしれません。背伸びした小学生の頃は、それなりに好きだったのですけどね。
なので、それほどヘビロテにはなっていないのです。

中島みゆきさん、シングルでは、売れ線狙いというか、世間で求められている「中島みゆき」の曲を出しているように思います。後に名曲と言われる「ファイト」もこの時期の曲ですが、シングルカットされていないのですから。

この中では、特に
「シーサイド・コーポラス」
「悪女」
の二曲がアルバムバージョンと全く異なっていて面白いです。
「シーサイド・コーポラス」はアルバム「36.5℃」と比較すると、歌詞が多いのです。こんな事ってあまりないですよね。
また、「悪女」ですが、世間で聴ける「悪女」はこっちのバーション。アルバム、「寒水魚」の悪女は、まったくの別の曲なんですよ。

実は、僕が生まれて二枚目に買ったレコードが「悪女」のドーナッツ盤だったのでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Singles 中島みゆき びとくのここだけの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる