びとくのここだけの話

アクセスカウンタ

zoom RSS WHITE(初回生産限定盤)(2CD) Superfly

<<   作成日時 : 2017/07/19 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
さて、次はSuperflyです。
彼女、バックボーンはそこまでだったか、って思わせるアルバムでした。
元々、彼女というか、Superflyは、日本のバンドには珍しく、アメリカンロックをバックに感じるバンドでした。
日本ではアメリカンロックはあまり好まれません。でも、彼女の歌唱力でアメリカン・ロックのスタイルであっても、日本で人気を得てしまったところがすごかったです。

そんな彼女もデビューそろそろ10年になりますが、このアルバムはイマイチです。
アメリカン・ロックのテイストはすっかり無くなってしまいました。ただの日本の女性歌手です。
やっぱり、彼女のバックボーンの奥深さはそれほどでも無かったのかな。そんな風に感じたアルバムです。

次作は買わないかな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕もこの作品は買いましたが、残念ながら印象が良くありません。
なにも引っかかるところがなかったです。
この1枚前のforce辺りまでは、骨太で暑苦しい(良い意味でね)感じだったのですが、本作は・・・なんか普通。
superflyってこんなだっけ?って感じです。
きむあつ
2017/07/20 13:53
>きむあつさん
コメントありがとうです。
なるほど、僕と似たような印象なのかもしれませんね。
Forceってどんな印象だったかは忘れてしまいました。
http://b-talk.at.webry.info/201307/article_4.html
なるほど、なかなか印象良かったみたいですね。いまでは全然聴いていませんが。
その前のアルバムで、もうバックボーンは尽きていたのかもしれません。
http://b-talk.at.webry.info/201111/article_7.html
b-talk
2017/07/20 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
WHITE(初回生産限定盤)(2CD) Superfly  びとくのここだけの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる