びとくのここだけの話

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年夏山シーズンイン、またまた大杉谷から大台ケ原へB

<<   作成日時 : 2017/06/26 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

二日目は、大台ケ原までの登り。さぁ、頑張っていきましょう。
行程は、昨日までのような渓谷歩きの後、尾根登りがずっと続いて、大台ケ原に到着。
途中、石楠花がきれいに咲いているのを期待しましょう。
画像

少し歩くと、この行程で一番立派だと思われる七ツ釜滝が現れます。
画像
東屋もありまして、一休みです。

この先、こんな感じで、川の脇を歩いていきます。
画像
すると、何年か前に通行止めだった崩落現場に差し掛かります。
この岩場が崩落地点と思われます。
画像
とはいえ、登山道は普通の岩場登りと言った感じで、雰囲気白馬大雪渓の葱平あたりを思い出します。

崩落現場を超えると、少し広くなった河原です。(写真を撮り忘れました。)ここって、去年来た時にはお花摘みグループがいて、僕も不愉快な思いをした場所でもありました。

さらに進むと、滝や吊橋が連続して現れるようになります。
画像

画像

画像
最後の滝が、堂倉の滝で、りっぱな滝壺がある滝になります。ここで、一休みです。

ここからは、一気の登りになります。さて、バテないようにペースを気にして進みます。
しばらく登っていくと、チラホラと石楠花が咲いているのが見えてきました。
画像
つらい登りですが、石楠花が咲いているので、励まされて登る事が出来るって言っていたメンバーがいましたよ。

石楠花が一段落して、こんな風な景色になると、
画像
一旦林道に出るんです。
ここで、休まずにどんどん進もうとも思ったのですが、トイレ休憩するということになりまして、粟谷小屋へ立ち寄りますが、、、
画像
お休み中でございました。
トイレも借りられず、とりあえずの一休み。

休憩後、なかなか時間が経っているのが気になりますが、とりあえず登っていきましょう。
ここから上も結構な上りです。
画像
本当に、石楠花がベストの時に登れましたね。

石楠花が終わると、樹林帯から少し空が見渡せる感じになってきます。と、そこはもうそろそろ大台ケ原です。
山頂にてお昼ごはんを食べようかとも考えていたのですが、山頂は混んでいることも考えて、少し手前でお昼ごはんにしました。
画像
お昼ごはんは、桃の木山の家で頼んでおいたちまき弁当でした。なかなかのボリューム、美味しかったです。あと、ラーメンも炊いたのですが、写真は撮り忘れでございます。

お昼ごはんを食べたら、あと少しの登りになりました。さぁ、ペースを上げて、一気の登りで日出ヶ岳山頂到着です。
画像
はぁ、疲れましたね。

ここで、大蛇ーに行こうかどうかの判断になりますが、、、
一人のメンバーを除いて、大台ケ原の駐車場に戻ることに。一人のメンバーは一番の年長さんですが、体力ありすぎです。僕も過去に行っているので、今回も駐車場に戻ります。しかし、足が痛いですね。靴の中、まめができてるんじゃなかろうか?
ここからは整備された道の下りですが、これが微妙に長いんですよね。疲れます。
でも、疲れを癒やすようにカタバミが咲いているのでした。
画像


カタバミが見えたら、大台ケ原の駐車場。
さて、ここで僕はみなさんとのおつきあいで、ビールを頂きますが。。。
汗をかいて登った後のビールは美味しい。で、不思議と酔わないんですよね。でも350mlで僕は十分でしたが。

大台ケ原からは、バスに乗って、大和上市駅まで。
途中下車する女性がおりました。でも、途中下車すると、もう公共交通機関が無いので、運転手さんも心配していますが。。。
で、さらにその女性、バスを降りる途中で転んでしまいました。大丈夫だったのかな。。。

大和上市駅からは、近鉄で大阪まで。急行で帰ります。特急と時間はあまり変わらないんです。

さて、僕の山歩きとしては結構な人数でしたが、無事に終了できました。誰ひとりとしてヘバッたりしないで終われたのが良かったですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年夏山シーズンイン、またまた大杉谷から大台ケ原へB びとくのここだけの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる