びとくのここだけの話

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダから帰ってきてからはスクールでのBC体験。

<<   作成日時 : 2017/05/10 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カナダから帰ってきた翌週は、いつものスキースクールでのBC体験コースに参加してきました。
基礎スキーにはあまり興味無さそうだけど、色々な所を滑るのは好きな友人を誘いました。この友人、冬では初のスクールでした。

初日は、過去にも行った場所をメインに滑走です。
この時期なので、パウダーは半分諦めていたのですが、これが何と直前に積雪がありまして、パウダーを楽しめました。
画像

画像

画像
十分以上ですね。

さて、夜にはミーティングです。
翌日ですが、先生も何処を滑ろうか迷っていたようなのですが、渋峠まで行って、そこから芳ヶ平に向かって滑ることに決定。このコースでは、ちゃんとビーコン、スコップが必要になるのですが、持って来ていない人にはレンタルしてくれました。

横手山までスクールの車で移動。横手山のリフトに乗って、渋峠まで。
画像
わんちゃん(インディー君?)のお出迎えです。
ちゃんと、渋峠ホテルにて登山届けを出しまして、芳ヶ平方面に向かいます。
画像
良い天気ですね。
浅間山、噴煙が上がっています。
画像

さて、国道最高地点まで到着。
画像

ココで少し休憩しまして、もう少し先まで行ってから滑り出しましょう。先生、雪質が不安な様子。「まず、私が滑り出して雪の状況を説明します。」って言いながら滑り出しました。
少し滑ると、「おおぉ、全然だいじょう!いける、いける」って先生、嬉しそうです。
画像
確かに、ちょっと重い雪質だけど、全く問題なしです。
画像
これ、僕たちが滑ったシュプールです。
今回ですが、シールを持ってきていないので、あまり滑ると大変なことになります。なので、滑ったのはほんの少しですが、これが楽しいのでした。
さて、滑ったからには登らないといけません。で、今回はシールがないので、板を履いたままカニ歩きです。いやいや、結構な体力の消耗です。

一旦滑り出し地点まで登ったところで、先生が「あと一回行きましょうか?」って言いますが、みんなへろへろの様子。ここで、「最初に滑ると、後で登って疲れるので、最初に登ってから、滑って終わる方良い。」って意見になりまして、少しですが登ることに。
ふぅ、ピークまで到着です。
画像

ここからの滑走ですが、これが難しい雪質です。僕は転倒です、足が雪に埋まって動かせないんですもの。一緒に参加のMさんも転倒。
でも、転倒しても楽しい雪遊び。緩斜面ですしね。

さて、滑り降りたのは国道最高地点の付近。一休みで見回してみますと、
画像
滑ってきたシュプールが見えます。それと、登った跡も。
みんなで記念撮影しまして、渋峠まで。
渋峠ホテルで、無事に戻ってきた事を報告しまして、その後は横手山を滑走です。
横手山スキー場を滑って降りた後は、車で奥志賀まで。そして楽しかった二日間は終了です。
画像
最後に食べたケーキ美味しかったです。お腹も空いていましたからね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナダから帰ってきてからはスクールでのBC体験。 びとくのここだけの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる