びとくのここだけの話

アクセスカウンタ

zoom RSS 初の海外スキーに行ってきました フェローカップ

<<   作成日時 : 2017/04/26 00:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

カナダの記事も、もう七回目にになりました。
一回目がこちら
二回目がこちら
三回目がこちら
四回目がこちら
五回目がこちら
六回目がこちらです。

画像
カナダでのスキー三日目は、Fellow Cupがメインイベントです。
これは、自己申告制のタイムレース、つまり、自分で申告したタイムに一番近いタイムの人が優勝になります。

この日は、朝イチからブラッコムエリアです。ちなみに、この日のガイドさんはMXさんではありません。名前忘れてしまいましたが、スゲー速かったです。ちなみに、履いていた板は、スキー仲間のラインさんと同じ板でした。
画像
ちなみに、話してみたら、エッジが無いとのこと。この辺もラインさんと一緒ですね。

さて、ウォーミングアップで滑った後は、ビブが配られます。
画像
僕は25番でした。

この日は、本当に良い天気。
画像
でも、徐々に天気は下り坂の模様です。

旗門の場所に到着です。
画像

画像

さて、僕は何秒で滑れるでしょう?
ちなみに、一緒に行ったお仲間のIさん、前日の同じコースで23秒でした。そして、ガイドのMXさんは、20秒くらいという話を聞いています。

レースの前には、「速い人」「普通の人」「遅い人」の例として、三人滑走します。
速い人の例として、現地のイントラさんが16秒くらい。
普通の例ととして滑った現地のイントラさんが21秒くらい。
そして、遅い例として滑った、フェロースタッフのSさんが30秒オーバーでした。

で、自分で予想したタイムで滑るのは難しいので、自分の本気滑りでのタイムを予想して、僕は20秒17としました。
事前の説明で、「2017年ということで、20秒17って予想する人もいます。」ってネタを盗みました。
でも、良い線行ってると思うんですよね。

インスペでのバーンは硬め、さぁ滑りましょう。
僕はですが、まあまあ良い感じで滑れた気がします。気持ちよかったです。滑り終わった後、ビブを回収してくれるSさん。「速かったですねぇ」って。ちょっと嬉しかったです。

さて、この日の天気は、徐々に下り坂。そして、翌日からは雪の天気予報なので、ガイドさん、WhistlerとBlackcombの両方の一番上のエリアを案内してくれるようです。

まずは、ブラッコムの氷河エリアへ。
画像

ブラッコムのSHOWCASEのT-BARに乗ってから、さらに少しのハイクアップをします。
画像
まだまだ天気は大丈夫ですね。
画像

少しの撮影タイムの後で、滑っていきましょう。
少しのパウダー、ちょっとボコボコな感じですが、まあこれはこれで僕は大好きなバーンです。
画像

振り返ります。
画像

滑り降りますと、長い長い緩斜面。到着したのは、世界各地の方角が示してある塔です。
画像

記念撮影です。
画像

ここですが、懐っこい鳥がいます。Whiskey Jackって言いまして、日本名カナダカケスだそうですね。
画像
手にえさを載せると、手乗りカケスになります。

カケスと戯れた後、ガイドさん、今度はPeak to Peakに乗って、Whistlerエリアに移動です。
画像

画像
SETHですよ。
ウィスラーのピークには、こんな像(?)があります。
画像
この像、何だったか忘れてしまいましたが、Whistlerに何カ所かあります。
そして、前日に立派に見えた尖った岩の山がこれ。
画像

ここの景色は最高です。曇っていたのが残念ですが。
画像

しかし、ウィスラーはすごいところが滑走コースになっています。
画像
ガイドさんも、「こんな所は滑れない。」って言うところもあるそうです。ちなみに、この写真の所は何とか滑れそうだと言っていました。
ちなみに、ウィスラーでは上級者コースは黒い菱形◆で示してあります。◆はブラックダイヤモンドって言いまして、さらに難しいところはダブルブラックダイヤモンド◆◆、そして最近トリプルダイヤモンド◆◆◆の場所が出来たのだとか。何だか、じぇじぇじぇみたいですね。

さて、僕たちはそんなに難しいところを滑る技術は無いので、まったりウィスラーの最上部から降りていきます。長い長いコースも、結構楽しく滑り降ります。

ここで、もう一つ。
ウィスラーにはこういった標識が沢山あります。
画像
これは速度を落とす場所。
もし、ゲレンデが混んでいる時になると、パトさんがこの標識の脇に立っていて、もしカッ飛ばしている人がいると、コースの下に待ちかまえているパトさんにトランシーバーで連絡して、カッ飛ばしているスキーヤーは捕獲されるのだとか。ちなみに、最初は注意で済むけど、二回目はリフト券没収だそうです。

さて、この日も早い時間でスキーは上がります。ってのも、夕方からフェローカップの表彰式があるんです。
お昼ご飯も食べないで滑っていたので、お腹が空いています。
ガイドさんオススメのお店に向かいますが。。。
画像
閉店なんですよ。毎日開いている訳ではないみたいです。
ということで、この日のスキーは終了。みんな解散となったのでした。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初の海外スキーに行ってきました フェローカップ びとくのここだけの話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる